免责声明 安信证券股份有限公司对本声明条款具有惟一修改权和最终解释权

2.2.銅:価格下落、遅い牛の構造は2.3.亜鉛:価格上昇、供給は徐々に放出今週のレンヤ鉛は0.83%、上海亜鉛は0.71%、今週のLME在庫は3.63%、前期在庫は0.83%上昇し、亜鉛価格を支えている。今周には亜鉛の現物揚水が引続き縮小し、現物市場の熱が低くなっている。上海有色網によると、世紀亜鉛鉱物の準備作業は7月に大幅な進展を遂げた後、再起動作業はすでに準備ができており、8月初めに操業を開始する見込みで、正式に操業を開始した後、毎年50万7000トンの亜鉛精鉱を生産する。需要面では環境に優しい高圧が下流の需要を重ねて徐々にオフシーズンに入り、下流の稼働率は徐々に低下し、亜鉛価格は短期的に引き続き圧力を受けている。2.4.スズ:倫昇沪降、ファンダメンタルズ改善予想更なる強化2.5.ニッケル:価格下落、需給改善継続今週倫ニッケル1.96%、沪ニッケル2.57%下落。今週のLME入庫は前年同期比1.64%減の4224トンで、13週連続で入庫が減少し、入庫価格に支えられた。今週はドル高の影響でニッケル価格が下落したが、ニッケルファンダメンタルズは依然として全体的に強かった。ニッケル価格を展望するには、1つは環境保護の「振り返る」ことの継続的深化であり、供給端の一部の生産能力放出に影響を与える、第二に、811などの高ニッケル三元材料の予想歩合であり、電池用ニッケル需要は限界を歩合する。第三に、インドネシア青山の3期ステンレス鋼プロジェクトの生産開始は重鋼の不足を拡大し、インドネシアの国内鋼への供給を弱めることになる。第四に、商務部はEU日本の韓国とインドネシア原産の輸入ステンレスに対して反ダンピング立件調査を行うことを決定し、国内のステンレス供給圧力が緩和され、価格が緩和された。中アルミニウムグループの酸性化アルミニウム品質のアップグレードモデルチェンジ製品は国内の空白を埋める上海有色網:初歩的な試算によると、今回の酸性化アルミニウム品質のアップグレードモデルチェンジ製品の研究開発の成功による収益は、中アルミニウム山東と包頭アルミニウム業の既存の供給規模から見ると、コストダウンの効果は3000万元に達した。西寧市のもう一つのアルミニウム重点プロジェクトが着工上海有色網:20万トン自動車専用アルミニウム板プロジェクト「青海卓豊新材料有限公司の投資であり、計画総投資額は16億元であり、製造コストの優位性は明らかである。上半期の10種類の非鉄金属生産量は2685万トンで、前年同期比3.1%増加し、増加率は前年同期比4.1ポイント低下した。そのうち、銅生産量は441万トンで、11.5%増加し、3.4ポイント上昇した。電解アルミニウム生産量は1647万トンで、1.6%増加し、7%下落した2.2ポイント。インドネシアの自由港臨時採鉱許可証の自由港延長:2022年までにグラスバーグ銅鉱が57億ポンドの銅を生産する上海有色網:自由港マクモラン氏によると、最新の採鉱計画によると、同社は2018年から2022年までに約57億ポンドの銅と790万オンスの金を生産する予定だ。2019年ブラゼルでは6つの未探査鉱区の採鉱権上海有色網:ブラゼル地質調査局が2019年に6つの未探査地域の採鉱権を考慮している。これらの地域の銅金リン酸塩と他の鉱物の生産量は大きな可能性がある。

Las Bambas下半期の銅生産量は五鉱資源の年産目標56-59万トンを向上させたい 上海有色網:先週、五鉱資源の第2四半期生産報告を発表し、期間内の電解銅生産量は3.75万トンで、前年同期比6%増、銅精鉱の銅含有量は9万99万トンで、前年同期比7%減少した。 マレーシア、ボーキサイト採掘禁止を延長年末までに マレーシア、ボーキサイト採掘禁止を年末まで延長滞留在庫の整理進まず フィリピン、採鉱探査許可の2年間禁止を解除 2018年国内第16回規制系廃銅輸入許可文書が発表 国際銅業協会:現在までに、今年発表された廃棄銅の輸入制限ロット数は71.55万トンで、昨年通年の300.58万トンに比べ、76.2%減少した。 ウェダンタ銅製錬所の再開要請は水曜日に審議され、12カ月以内にインドの銅生産量を40%削減する 華錫複産錫インゴット 上海有色網:華錫グループの錫インゴット生産は回復し、8月1日に熱炉を開始し、早ければ来週にも錫インゴットを生産する予定だという。 リオティント、米銅事業の開発加速を計画 上海有色網:リオティントはアリゾナ州で60億ドル相当の銅事業を開発する計画で、この計画は加速的に推進されており、合意が成立すればリオティントの銅生産量を引き上げる。 6月のわが国の廃銅輸入量は前月比で下落 上海有色網:税関総署のデータによると、6月の我が国の廃銅輸入量は20万トンで、前年同期比39.8%減、前月比4.76%減、1-6月の廃銅輸入累計量は115万トンで、前年同期比37.8%減だった。 日本最大の銅メーカー:銅価格は底打ち年末までに7000ドル高に戻る 南寧は我が国の重要なハイエンドアルミニウム産業基地になる 淮北市アルミニウム基ハイエンド金属材料基地の集積発展を加速 上海有色網:淮北新聞網の報道によると、淮北市のアルミニウム基ハイエンド金属材料基地は集積発展を加速させ、上半期、基地は生産額46.4億元の固定資産投資17.84億元の税収2.15億元を実現した。 6月の南米アルミニウム生産量、32年ぶりに最低に 上海有色網:国際アルミニウム業協会の統計データによると、6月の南米の元アルミニウム生産量は8.9万トンで、前年同期比21.9%減少した。前回の生産量が9万トン未満だったのは1985年2月だった。5月の9万4000トンに比べて、5.32%下落した。上半期の南米アルミニウム生産量は61.1万トンで、前年同期比11.4%減少した。 3.新エネルギー金属:コンゴ金が帰ってきて、コバルト牛の再起を期待する

钴和锂下游库存水平已经较低,补库一触即发。我们认为新能源车需求将持续向好,一是产销持续超预期,6月新能源乘用车7.1万辆的销量。环比下降22%,同比增长74%;二是作为国家战略,政策层对新能源车产业的政策扶持力度逐步增强,本周财政部税务总局等四部门联合发布《关于节能新能源车船享受车船税优惠政策的通知》实施新能源车购置税减半的优惠;三是越来越多的海外汽车大厂加入到电动化的大趋势,电动车爆款车型的不断涌现会进一步带动电动车产销量的增长,提升需求预期;四是越来越多的新能源车产业链的大厂谋求锁定钴原料未来供应,与上游供应商锁定长单的趋势愈发明显。目前来看,短期内在大幅下跌之后,钴的下游库存已经落在一个比较低的水平,这个缓冲垫已经非常薄,一旦出现比较明显的需求边际向好的情况,再考虑到长期供应的担忧,钴价有望开启反弹。 3.1. 钴:国内钴价开始企稳,钴下游库存水平已至低位,基本面依旧向好 国内钴价企稳,下游需求持续向好。8月3日MB低等级钴报价34.4-35.55美元/磅,周跌幅1.6%-3.9%,AM20%硫酸钴下跌0.58%,20.5%硫酸钴维持价格不变,AM四钴报价372.5元/公斤,周跌幅5.1%。近期MB报价连续下跌,但国内硫酸钴价格企稳,说明前期带有垄断因素的MB报价开始向较为市场化的国内价格靠拢,套利空间逐步消失,当两种报价逐渐持平之后,钴价将主要靠真实需求拉动。 上周工业级碳酸锂下跌5.03%,电池级碳酸锂下跌5.66%,工业级氢氧化锂下跌5.67%,电池级氢氧化锂下跌5.20%,市场交投相对清淡。考虑到18年新增产量逐渐释放,未来锂供给预计逐步转入过剩。 3.3. 磁材:价格不变,观望情绪浓厚 本周钕铁硼50H价格报256元/公斤,价格不变。当前,在刚需大幅起来之前,市场观望情绪依然浓厚,磁材市场静待需求和政策打破僵局。 世界最大金属锂项目 工艺贯通联动试车 上海有色网:7月28日,格尔木市金昆仑锂业3000吨世界最大金属锂项目工艺贯通联动试车,这是全球第一家卤水氯化锂熔盐电解法制取金属锂项目投产试车。 青海投产世界最大金属锂项目 以本地盐湖卤水为原料 上海有色网:青海省金昆仑锂业有限公司的3000吨金属锂项目工艺贯通联动试车。该项目是世界上最大的金属锂项目,也是全球第一家投产试车的卤水氯化锂熔盐电解法制取金属锂项目。 第8批新能源推荐目录公布 152款新能源客车入选

高工リチウム电:8月2日,工信部发布了新能源推荐目录,共包括111戸企业的385个车型。纯电动客车占比超八成,燃料电池客车占10%。GME加速NiWest镍钴项目助力开发锂离子电池原料市场上海有色网:根据这项研究表明,NiWest镍钴项目具有“技术和财务上的稳健性,可以长期直接生产高纯度的镍和硫酸钴产品,可以帮助公司加快开发锂离子电池原料市场的步伐”。上海有色网:上海有色网:上海有色网:上海有色网:加拿大普拉莫瑞股份有限公司于8月1日宣布,已与Exco矿业公司签署了一份最终协议,收购四处矿区总面积达500平方英里。日本6月零售环比1.5%,强于预期Wind资讯:日本6月零售环比1.5%,预计1.4%,前值-1.7%;同比1.8%,予期1.7%,前值0.6%。大型小売商贩売同比1.5%,予期1.4%,前值-2%。德国7月CPI环比初值增长0.3%,略逊预期Wind资讯:德国7月CPI环比初值增长0.3%,预期增长0.4%,前值增长0.1%;同比初値増2%,予期増2.1%,前値増2.1%。2018年上半年国企利润同比增长21.1%有色行业利润大幅增长上海有色网:全国国有及国有控股企业经济运行态势良好。偿还债务能力和盈利能力比上年同期均有所上升,利润增幅为收益10.9个百分点,利润增长21.1%。钢铁有色石油石化等行业利润大幅增长。欧元区7月制造业PMI终值55.1 Wind资讯:欧元区7月制造业PMI终值55.1,预期55.1,初值55.1,前值54.9。英国7月制造业PMI54,予想54.2,前值54.4修正为54.3。ドイツ7月制造业PMI终値56.9,予期57.3,初值57.3,前值55.9。英国央行迎一年内第二次加息Wind资讯:英国央行支持加息25个基点至0.75%;资产购入规模维持は4350亿ポンド不变、予想に合わせている。英央行决策者同意未来将需要更多的加息。欧元区6月PPI环比增长0.4%强于预期Wind资讯:欧元区6月PPI环比增长0.4%,预期增长0.3%,前值增长0.8%;同比増3.6%,予期増3.5%,前値増3%。美国7月新增非农就业15.7万人口及预计失业率下降3.9%华尔街见闻:美国劳动部公布的数据显示,7月非农就业人口增加15.7万人,刷新3月以来新低,远不及预期19.3万人。7月の失业率は3.9%に降り、1カ月ぶりに4%の引き下げ、予想3.9%に当たる。5.1.稀土:酸化钙价格上涨价格信息:酸化钙+0.4%,酸化钙-0.9%,镨氧化物-1.1%,酸化钙-1.1%,镨合金-1.2%,金属钙-1.2%,其他品种价格本周持平。

本周稀土价格整体继续回落,氧化钆价格上涨,我们认为,下游磁材需求有望在8月迎来传统旺季,期待价格企稳回升。政策层面来看,第一,自然资源部和工信部联合下达2018年度全国稀土矿开采总量控制指标为12万吨,同比增长12.5%,其中离子型稀土矿指标约1.9万吨,岩矿型稀土矿指标约10.1万吨,指标的增长符合之前我们的预期,我们始终认为全年指标公布落地,有望缓解之前市场认为同比增长40%指标的预期,情绪有望得到转好。第二,我们一直认为困扰稀土行业最核心症结是黑稀土扰乱市场秩序,下一步,我们期待稀土清理整顿文件的出台以及新一轮打黑落地,稀土行业中长期的“黑稀土”症结有望得到系统性解决,价格有望出现趋势性上涨。 5.2. 小金属:涨跌互现,钼价继续上涨 价格信息:钼精矿+4.0%,铋+3.2%,海绵钛+1.6%,电解镁+1.4%涨幅居前;电池级碳酸锂-7.5%,工业级氢氧化锂-5.9%,工业级碳酸锂-5.6%跌幅居前。 钼精矿:钼精矿生产受环保清理整顿的影响,大量矿山和冶炼生产出现停产,产量预计下降,外加钢厂生产持续景气,钼铁招标价格提高,助推钼精矿价格大幅上涨。 锰市场:本周电解锰价格继续上涨,主要受中央环保督查影响,上游部分生产商停产,再加上北方大型锰厂的产能恢复较慢,导致市场炒作情绪高涨,价格坚挺,锰价出现大幅上涨。 钨市场:本周钨精矿价格继续下跌。主要原因是国内国外市场进入传统淡季,下游需求疲软导致钨精矿价格缺乏支撑,市场情绪偏弱,价格继续回落。 2018年稀土开采指标为12万吨 自然资源部:两部门下达2018年度全国稀土矿开采总量控制指标为12万吨,其中离子型稀土矿指标约1.9万吨,岩矿型稀土矿指标约10.1万吨。全国钨精矿开采总量控制指标为10万吨,其中主采指标7.6万吨,综合利用指标约2.4万吨。 稀土冶炼外资准入限制正式取消 上海有色网:7月28日起,2018年版外商投资准入负面清单正式开始实施。其中指出,在矿业领域,稀土冶炼分离石墨开采钨冶炼稀缺煤类均取消外资准入限制。 免责声明 安信证券股份有限公司对本声明条款具有惟一修改权和最终解释权。

 免责声明 安信证券股份有限公司对本声明条款具有惟一修改权和最终解释权


[趣味新闻]

发表评论

Copyright 2002-2022 by 致觉英语学习网(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.