症症相加,是指从单一症状逐渐累及出现多重不同程度及部位症状(与主要症状同时或随后出现的其他症状称为)

侵入肺部的能量,过多能量将造成肺,肝受到肺部的压制下,只好侵入我克空间区域,是为木乘土;也有可能积结于肝胆部位。肝在肺过度的克制下,引起其所胜一行的虚弱,从而导致五行之间生克制化的异常。换言之,肺部位能量过多形成淤滞时,首先影响肝胆功能活动力。 侵入心区的能量,过多能量将造成心,肺受到心藏过多能量的压制下,只好侵入我克空间区域,是为金乘木,也有可能积结于肺部。肺在心过度的克制下,引起其所胜一行的虚弱,从而导致五行之间生克制化的异常。换言之,心脏部位能量过多形成淤滞时,首先影响两肺功能活动力。 膻中动力牵系着膈膜以下生理功能活动力。膻中能量的聚结,不但影响公转的畅通,还能影响头部能量的回流,造成头部的内压增高。 2.中焦 积聚于中焦部位,将引发下列不适症状: A能量积聚于中焦,造成中焦消化系统循环不顺畅,是以形成消化不良,胀气,及两肋的不适等。 B能量聚于肝胆部位,将引发肝胆部位能量的过胜,体现于目筋易怒等。 A能量聚于脾胃部位,将影响脾升清胃降浊的功能活动力,体现于口肌肉等。 B能量淤滞于中焦,将影响膈膜动力向上推动膻中,进而影响上焦能量通达于外焦。 当能量长期积聚于中焦,将从原本的病症引发出其它的病症来。例如: 能量聚于肝胆部位的能量,过多能量将造成肝,脾胃受到肝脏部位的压制下,只好侵入我克空间区域,是为土乘水;也有可能积结于脾胃部位。 积聚于脾胃部位的能量,过多能量将造成脾胃,肾脏受到脾胃部位的压制下,只好侵入我克空间区域,是为水乘火;也有可能积结于肾脏部位。肾脏在脾胃过度的克制下,引起其所胜一行的虚弱,从而导致五行之间生克制化的异常。换言之,脾胃部位能量过多形成淤滞时,首先影响两肾功能活动力。 3.下焦 当能量积聚于下焦部位,将引发下列不适症状。 A能量聚于两肾部位,将引发两肾部位能量的过胜,或体现于耳骨等不同程度的症状。 能量聚于两肾部位的能量,过多能量将造成肾,心脏受到肾脏部位的压制下,只好侵入我克空间区域,是为火乘金;也有可能积结于心脏部位。心脏在肾脏过度的克制下,引起其所胜一行的虚弱,从而导致五行之间生克制化的异常。换言之,两肾部位能量过多形成淤滞时,首先影响心脏功能活动力。也就是说,心脏能量的出口,在于两肾部位。 4.外焦

任督二脉相交点,在口腔与会阴。任脉与督脉交叉于口腔的空间,因此,古修炼家将舌抵上颚做为养生法则,便是掌握了能量运行的过程中,任脉的压力一定要高于督脉的压力,才能正常的达到阴与阳交,如此一来,才能使任脉的能量,运行至督脉达到阴阳一气。 郭氏发现到,右肩胛与尾闾部位,是三焦入出外焦的门户,也就是说,右肩胛扮演了入海归源的枢纽,三焦能量的出口,在于右肩胛,因此,应降低右肩胛压力,才有利于三焦能量注入于外焦。尾闾部位则是外焦出入三焦的门户,所谓的百川同源同出一脉,百川入海归源,将各细胞群体所辐射的能量物质,通过两肩胛注入太阳区域空间,并在公转的带动下,通过尾闾注入到会阴,回到生发能量的源头,是以能量周流不息。 .生理与病理的关系 生理与病理是一相互转化的关系。生理变为病理现象,是症症相加的关系。病理转为正常生理,则是症症相减的关系性。 症症相加,是指从单一症状逐渐累及出现多重不同程度及部位症状。症症相减,是为多重不同程度及部位症状,逐渐减轻到单一症状。治疗疾病,是将病理转变为正常生理。疾病逐渐痊愈的过程中,首先是症状逐一的减缓,是症状与症状的相互减少。 换言之,生理转变为病理的过程,是症症相加;病理转为正常生理,是症症相减。 症症相加或症症相减的过程中,不是单一的因素所致,而是相互累积下,造就的。症症相加,有一路径可循,一般而言,从“我克”开始侮之。例如:心→两肾→脾胃→肝→肺→心。 由此观之,生理与病理相互转化关系,在于能量运行的出口上。正常生理现象,是一条相互刺激推动动力体系循环路径线。当动力体系未循正常生理途径运行时,是为病理现象,能量侵入积聚区域,将造成该区域部位不适的症状,是为疾病。能量的转移和转化,浊废物的清除排放,身体在治疗过程中的不适反应是为退病现象,是为正常病理变化,应正确面对此一病理转为正常生理的过渡时期。 症症相减,有如抽丝剥茧般,将致生疾病的因素,逐一解开。症症相减过程,是能量出口路径的回到正常生理运行的轨道。改道过程中,因能量的转化及转移,将出现这样或那样的病理现象,是为退病现象。公转运行过程中,高能量在能量运行速度下,高低不同浓度压力的能量,将相互参与其中,进行能量的混化异化,因能量的相互均衡,及高速的运行下,高能量因而自然得到消散。过多不被应用的能量,将通过不同途径排除体外。 1.清除污染

舌質に亀裂があり、幹は細胞が水分不足で、物質が運動しないことを説明し、物質が動かないと細胞内は石のように硬くなり、弾力性がなく、細胞の開閉消化機能が自然に弱まり、細胞内の物質が空間のエネルギーに転化しにくくなる。これは臨床で見られる重症後期の鏡面舌であり、伝統的には胃ガス不足によるものである。細胞内の水分が徐々に濁って減少していくと、細胞内の物質は動力不足で細胞の活力を失い、水分を再注入しても細胞の機能を回復しようとするのは古い機械を再起動するのと同じくらい難しい。 2.河川の疎通 3.エネルギー引越し エネルギー引越しの過程では、異なる病気が異なる反応を示すので、思想を解放し、弁証法的に問題を見て、エネルギー引越しを正しく認識しなければならない。例えば、子宮筋腫は、最初は、3×2 cm、治療後は5×2 cm、これは明らかな増大であり、多くの患者は理解せず、効果が望ましくないと考え、心の重荷を背負い、治療に自信を失った。単純に体積の大きさを見るのではなく、中間の密度を見る必要があります、3×2 cmは高密度、5×2 cmは低密度であり、これは病気を観察する鍵である。元の腫瘍は非常に実があり、小さいが運びにくい、後の比較宣、宣が起きて、細胞の間に空間があってこそ、運び出す方法がある。 舌の中心は高く、舌の根も高い。この場合、舌の根のエネルギーを運ぶことはできない。舌の中間に運ぶと、舌の中間はもっと高いので、まず舌の中間を運び、舌の中間のエネルギーを運び、エネルギーは自分で前に流れる。舌の真ん中のエネルギーを舌の先に向けるように。 舌の先も厚く、舌の中も厚いので、この場合、舌の真ん中を舌の先に移さないでください。そのため、まず舌の先を空っぽにして、どのように舌の先を空っぽにしますか 舌の先の鬱滞したエネルギーを海に埋める、つまり内焦エネルギーを外焦天外天に導くことで、これ以来上下が疎通してきた。これは治療の鍵であり、どんな病気があっても、どの臓腑に病気があっても管理しないで、舌の根が舌の真ん中に移り、舌の真ん中が舌の先に移り、舌の先が海に移りさえすれば。まず高点まで運んで、上焦高下焦も高くて、先に上焦高上のを運んで、中焦点高下焦点も高く、まず中間の高さを管理します。治療上はこの原則に従う。 4.公転がスムーズである 細胞と細胞の間には空間が存在し、エネルギーの蓄積流通異化混和はすべて空間内で発生し、空間は生命物質の活力の調節媒体である。郭氏は、病因を検討するには、空間通路の障害箇所を探し出さなければならないと認識した。 表とは、表面層、例えば、ケイ理と筋理の間の濁った廃物を指し、発清のルートを通じて体外に排出する。一般的には、ケイ理と筋理の間の風寒温熱邪気を発表することを主とする。 中、筋肉と臓腑の間の濁った廃物を指し、清化利浸出のルートを通じて体外に排出する。一般的には、臓腑を浄化する空間を主とし、濁った老廃物と余分な水気を、痰大二便を流すことで、体外に排出する。 里は、臓腑の深層から言えば、理転のルートを通じて調整し、転化を行う。一般的には、各細胞群の濃度と圧力を調節するためである。

发:将表层风寒温热之风邪热及水,从腠理发表出来,及肌理的水散淤于体表。 清:是指腠理与肌理间的余热,清除排放出来,如发烧发冷。 化:是指化痰化湿而言。脾肺部的水气,通常体现于化痰。 利:是指利水,将过多的水排出,多见于两肾膀胱患者。 渗:是指回流,将胞外能量渗入胞内,利渗,常见于肿胀现象者。 泻:泻下多见于物质过胜,肠胃积实不化者。 理:是指理气理血。如止咳平喘散血瘀血块。 转:是指细胞群能量与物质胞内,调节能量浓度压力,与胞内外的相互转化。常见于酸痛现象。 清升降浊,清升通过肺表于外,开窍如汗眼屎泪痰,降浊如大小二便。 .调整压力 立法: 速度 同病异治法:同样的疾病,老年人病久则虚.所以以扶正气为主.正气足,才有能力与疾病抗争.年轻人病短多瘀,急需开口,使瘀滞疏散。疾病的治疗处方也是分阶段性。如同处理交通堵塞一样,先开口,处理事故地点,疏通了,后边堆积的车辆就慢慢通过了。如果从中间开始疏通到了前边事故地点未缓解,一样还是增加了堵塞,不解决实质问题,反而增加麻烦。所以说如果舌苔积聚过多,要先开上口,清除污染,疏通河道,水中有杂草,水质污染则不利于能量运行。所以必须先清除污染,上口开了,河道畅通无阻,才使能量有运行的空间。有利于能量的搬运,能量顺沿公转的路线形成重新均衡分配。 公转的飓风,扫除四焦瘀滞,聚则成形,积聚也是积少成多最后形成肿物,要想消除肿物必须有推动力,肿物运行的上方要有空间,下方要有推力,上方要创造一个负压,下方要创造一个推动力,这样有利肿物细胞之间紧密的疏散,便于瘀滞的解体,细胞之间的密度减少,有了空间,才能便于能量运行。团结就是力量,治病如打仗一样,只有敌人分散的情况下,才能逐一击败。 高能量积聚的同时必然在其他部位有能量不足之处,所以要找到高低能量的分界岭,才能取高补低。然而在处方时,要注意,处处皆动力,要找到积聚之处,积少成多,散多成块,成块转运,破瘀化滞。 舌中积聚点之所以可成为动力点,是因为有物质可推动,运行中可有一个冲力,撞击积聚点前方部位。

[金融新闻]

如果是人平不语,水平不流,则无物可推,也就是没有可利用的物质积聚,更要加大任督及督任相交接的推动力,以促进阴阳转换,内外焦能量的交接。 尤为重要的还是观舌,不管动力与否,舌尖若有瘀滞,必须要开上口才行,年老或久病虚者例外,因为下焦动力不足要多扶正气,启动下焦的动力,气不足者再开上口,会加重乏力气虚。

 症症相加,是指从单一症状逐渐累及出现多重不同程度及部位症状

35オピオイド:細胞は吸収して排水する。 36銀花:細胞内の湿熱をエネルギー物質に変換する。 37クチナシ:焦点空間のエネルギーを除去する。 38紅花:細胞内の創始力。 39麦冬:細胞の水分を増加させる。 40日冬:心区内の細胞の水分を増やす。 41花粉:胃細胞内の水分を増加させる。 42知母:外焦点領域上部の水分を増加して清熱する。 43板蘭根:右心房を増やす 44元参:外焦点空間の水分を増加する。 45生地:四焦点空間の水分を増加する。 46大活:頭のエネルギーを足に下げる。 47葛根:細胞水分を微小循環に導く。 48桂枝:細胞壁を開き、細胞内外の物質とエネルギーを自由に転化させ、バランスを調節する。 49桔梗:肺内外のエネルギーを上向きに動かす。 50双丁:空間エネルギー運動を起動する。 51浮石:空間水分を吸収する。 52生麦芽:右から左へエネルギー運動する。 53川朴:空中コークスを取り出し、中コークスの圧力を軽減し、清濁降下の動力を増加させる。 注:病名を参考にせず、症状だけに重点を置いているが、治療上は病名と症状に大きな関係はない。 公転に影響する病因に注目している。舌診を診断の基礎とする。 注:公転チャネルに影響を与える要因です。この要素は蓄積または不足の要素であり、湿気と乾燥の不均一な要素である。 公転の力で、細胞機能の五蔵六腑機能の回復を達成することです 症状の上では上から下へ、つまり上から下へは必ず動く、 注:疾病への応用は、エネルギーの疎開、あるいはエネルギーの活路をもって、治療の根本として、先に出て後に進むことであり、疾病を治療する原則である。 エネルギーの運行は、次のエネルギーの補充である。これが自分自身の調節であり、これが五行の相生原理である。 ミントの起点は細胞内部であり、細胞内部のエネルギーをケイ理の空間に疎開させ、終点はケイ理である。したがって、熱計を引くことができる。だから風熱の風邪を治すことができます。肝臓の鬱血を緩和することができる。 柴胡の起点は肝区の周囲空間であるため、肝区空間を誘導してエネルギーを上焦肺部に上昇させることができる。だから非部の熱を増加することができて、だから柴胡湯を応用する過程の中で肺部の炎症を引き起こしやすいです。 一、雄英 二、一人暮らし 三、ペラン 四桂枝 五、当帰 六.に香水をつける 七焦三仙 八菖蒲 九、瓜の実 十浙貝母 十一白頭翁 十二、夜に藤を交わす 十三、ナツメの実の炒め物 14葛根 十五益母草 十六川パク 十七海浮石 十八桔梗 十九シャクヤク 二十、白術 21杜仲 二十二、生麦芽 性別:女性 年齢:成年 病状:直腸癌術後、化学療法後、肺癌、 咳、夜間重い、咳痰、大便は1日1回。 処方:九節菖蒲1グラム海浮石2グラムヤクモソウ1グラム桂枝1グラム 先生は:患者に最近どうですかと聞いて、患者は咳が痰が多いと言って、元の処方:9節菖蒲1グラム、浙貝1グラム、益母草1グラム、白頭翁1グラム。浙貝を取り除き、海浮石を2グラム、白頭翁を行って桂枝を1グラム変えた。 ケース2 性別:女性 年齢:成年 病状:30年食事をしていない、頸椎痛、めまい、 婦人科炎症、毎日2杯の濃いお茶を飲んで、大便は1年 1回から2回。球形。

解析:舌根空能量不足,九节菖蒲3克在膻中区域加大推动力,桂枝2克在舌尖加大力度开口,九节菖蒲冲开舌尖,打开上口,高血压就是督脉段能量不降所致,督脉始端压力大于任脉末端压力,外焦瘀滞不通,任脉能量上行头部不能越肩胛达外焦撞击双肾造成血压不降,下焦能量亏虚缺少更新上行不利引起肾结石。舌根低洼能量不足,上焦开口后下焦无能量推动上行,所以要加大下焦的动力,用杜仲1克。杜仲起点在命门,从命门向下走过会阴到丹田,更新肾部能量,所以补肾。命门到丹田这个区域的空间虚了空了,有利于上焦肺部的能量下降了,有新的能量补充。所以能够使头部的能量向下降,所以杜仲治高血压。 案例7 性别:男 年龄:成年 病情:男,24岁, 咽痒,大便日一次正常。 处方:九节菖蒲1克桂枝1克桔梗1克 师说:原处方:九节菖蒲1桂枝1焦三仙各1,去焦三仙改桔梗,把兵力积中舌尖,开舌尖,其他地方不增加兵力。 案例8 性别:女 年龄:成年 病情:女,40, 走路不稳,易摔伤。大便日一次,干球。 处方:九节菖蒲1克桂枝1克瓜蒌仁1克当归2克 师说:原处方:九节菖蒲1克桂枝1克瓜蒌仁1克公英1克,去掉公英改当归,大便干球,缺少津液,用当归。 舌诊与病因案例1 性别:女 年龄:成年 病情:扁平苔癣,贫血,纳差, 胃不适,打嗝,心慌,大便日一次。 处方:公英2克九节菖蒲3克桂枝1克益母草2克 师说:从舌中部开始到下焦隆起部胀满,引起疾病是因为上焦一道瘀滞沟。 案例2 性别:女 年龄:成年 病情:子宫次全切七年,右胯关节酸痛, 小腹下坠胀,大便日一次,干。 处方:九节菖蒲1克益母草1克公英7克海浮石1克 师说:病都在膻中隆起的上方,患者少腹胀,是上边压着呢,能量上不来所以胀。 解析:膻中隆起,能量运行至此阻碍,动力不足,影响公转畅通和升清降浊。患者妇科腹胀关节都是下焦及下肢疾病,下有病上取之。病在下,因在上,治病找病因,阻碍公转畅通之处需要增加推动力。否则影响下焦能量的上行,下焦能量无出路积聚成瘤,是膻中部位隆起产生一系列的疾病,所以要解决膻中部位,治高不治低,撤高补低,上拉下推。九节菖蒲增加膻中动力,公英7克推动下焦,促进任脉能量上提。海浮石开上口去上焦水。益母草使胞内水外行出胞。解决水路问题。 案例3 性别:女 年龄:成年 病情:发烧四年,原因待查,纳差, 咳嗽,大便日一次,有时偏稀。 处方:九节菖蒲1克桂枝1克益母草5克海浮石1克

师说:这么点个河沟,往前一拥,前边那么大,怎么就流通了,必须把膻中隆起去除,去除不了好不了。是水窝住了,越治越发现就是水的问题。 解析:此舌为小马拉大车,就是舌下焦能量不足,舌形下窄中宽,下焦能量不足,推动中焦能量不利造成中焦壅满。膻中部位有一个隆起突出点,就是这一个隆起突出点阻碍了中下焦能量的运行速度,造成中下焦动力不足,所以应该加强膻中动力,在此处给予助力,此舌舌边有齿痕,内有瘀点,属水中瘀之舌象。九节菖蒲在膻中隆起处助力,桂枝开胞后用益母草去除胞中水,去除胞内杂质,海浮石在上焦开口,去除上焦多余的水分。 案例4 性别:男 年龄:成年 病情:贲门癌术后两个月,胃切除三分 之二,食后返流,胸闷,背痛,纳差,便秘, 乏力,大便一至两天一次,成形,不畅。 处方:九节菖蒲1克益母草2克桂枝1克 师说:大便是气虚下不来,大便不干证明还是有水不用浙贝,也不用肉桂,要想怎么开口是关键,肉桂从下焦往上焦走距离太长。香附往上提堵到上焦还是增兵。大便没劲,胃不动,食道不动。所以吃不下饭了,焦三仙能解决吃饭的问题,但也给带来负作用,东西出来还是没劲。火灸艾灸是很重要的。原处方:九节菖蒲1克,焦三仙各1克,白头翁1克,桂枝1克。师说:去了白头翁,焦三仙,改益母草2克。 案例5 性别:女 年龄:成年 病情:高血压,左心室肥厚,头沉, 胸闷,大便日两三次,稀。 处方:九节菖蒲1克桂枝1克益母草1克 师说:病在上焦淤点,原处方:九节菖蒲1克,桂枝1克,益母草1克,炒枣仁1克,去掉炒枣仁,因为舌尖淤,会增加了上焦的浓度,用九节菖蒲直接冲出过去了。 解析:此舌舌体胖大,舌中红点,水中瘀舌,上焦隆起下焦低洼,是典型的上实下虚,上焦隆起内有瘀滞点,而下焦低洼能量亏空。而造成心脑血管疾病症状,是由于背部不通,外焦瘀滞引起的内焦能量向外焦运行受阻,三焦能量不能越肩胛达外焦而引起疾病。炒枣仁用于舌尖缺损,心区能量不足者,此舌舌尖高厚,瘀硬,证明上焦开口处堵塞了,虽然有左心室肥厚的症状,但舌图舌尖区能量积聚所以不用炒枣仁,还是开上口,此时应用炒枣仁增加上焦浓度,也就是在公转路线上增加了阻截,增兵给上焦,画蛇添足,所以应该去掉。 案例6 性别:男 年龄:成年 病情:脑血栓,脑萎缩,脑白质 脱髓鞘改变,大便每天中午,干 处方:九节菖蒲1克当归2克桂枝1克

师说:棍舌,舌尖瘀滞是病因,满舌是硬的,血管瘀血太严重,一散就有火。原处方:九节菖蒲1克,桂枝1克,肉桂1克。去肉桂改当归2克。 案例7 性别:女 年龄:成年 病情:女,42,腰酸,心气不足, 大便两至三日一次,偏干。 处方:九节菖蒲1克焦四仙各3克桂枝1克 师说:病在中下焦,那堵着呢下焦能量上不去,腰酸,中焦能量上不去心气不足,舌尖那往上挑就解决了。 解析:此舌上焦隆起,下焦黄腻苔,命门到尾闾空间能量积聚,使中下焦能量壅堵,上焦压力大,象一座大山一样,使下焦能量上行不利,腰部能量无法更新造成腰酸,中下焦能量无法上行供应上焦,造成心肺区能量缺少供应,所以心气不足,用焦四仙直接把胞内多余物质通过大便排除,从而减少中焦的压力和浓度。中焦的压力减少后腾出空间,使下焦的能量才能顺利运行撞击中焦,中下焦能量继续上行撞击上焦,给心肺区提供能量,以托住心脏,也就疏散下焦了。三焦能量越肩胛达外焦撞击两肾,以此来维系四焦能量循环运行,公转畅通无阻,循环往复的能量运转,如流水一般,使各脏器及时得到能量的更新,则体健也。 案例8 性别:女 年龄:成年 病情:女,58岁。 狼疮肾,感冒后腹胀,尿潜血++, 尿蛋白++,血压偏高,面部浮肿, 小便量正常,腹胀,大便日两三次,不成形。 处方:九节菖蒲1克葛根2克公英2克益母草3克 案例9 性别:女 年龄:成年 病情:女75, 糖尿病高血压,肌无力, 口疮,睡眠差,头疼减轻, 处方:九节菖蒲2克桂枝1克瓜蒌仁2克公英1克 师说:先开口。开了口以后,高血压糖尿病等都是舌尖引起来的,都是肠胃不动引起的。 舌诊处方前后对比案例1 对比舌:左为处方前,右为处方后 第一组: 性别:男 年龄:成年 病情:头胀,胃不适,右肾囊肿,大便日两次,不成形。 处方:九节菖蒲1克桂枝1克益母草5克 师说:下焦影响出路,上焦影响动力,影响推动力,下焦出路也是问题,大便两次不成形,水瘀。原处方:桂枝1克,九节菖蒲1克,益母草1克,改益母草用5克。此舌苔病因胞内水,出口堵了,所以肾脏出现问题。肾脏不管,先解决水。 舌苔对比后显示:舌根部低洼宣起来,上焦的隆起下去了,有了出口和动力了。


发表评论

Copyright 2002-2022 by 致觉英语学习网(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.